やっぱスコやねん 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集
Homeスポンサー広告おしらせ/雑記>動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat2011.08.27

動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集

【環境省報道発表資料より転載】

 現在、「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号、以下「動物愛護管理法」という。)」の見直しを行っています。それにあたって、動物取扱業の適正化について、平成23年7月28日(木)から平成23年8月27日(土)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。
 
 動物愛護管理法は、昭和48年に制定され、その後平成11年、17年の2回改正されています。
 平成17年改正法の附則第9条において、「政府は、この法律の施行後5年を目途として、新法の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。」とされています。これに基づき、平成18年6月の改正法施行5年後に当たる本年、動物愛護管理法の施行状況の検討を進めています。
 検討に当たっては、課題として取り上げるべき事項が多岐にわたっていることから、中央環境審議会動物愛護部会のもとに「動物愛護管理のあり方検討小委員会」を設置し、平成22年8月から議論を進めてきました。
 今回、同小委員会において、「動物取扱業の適正化」にかかる議論を統括しましたので、その内容について、広く国民の皆様の御意見をお聞きするため、別添1の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成23年7月28日(木)から平成23年8月27日(土)までの間、パブリックコメントを行います。

環境省HPへ


上記記事についてはいろんな方のブログで紹介されています。
こっそり訪問させていただいているある方のブログで、簡単に意見の送信ができるサイトを見つけたので紹介させていただきます。

氏名や住所などを書き込み、内容をよく読んで「同意する」にチェックをして送信するだけでOKです。
もちろん内容に同意できない場合は上記環境省HPより直接個別に意見を送ることも可能です。

詳しくは、公益財団法人どうぶつ基金をご覧ください。

【公益財団法人どうぶつ基金より転載】

★深夜の生体展示規制:
深夜の生体販売は禁止とする。
・20時以降の生体展示は原則禁止
・子犬子猫(6か月未満)の販売時間1日合計4時間、2時間ごとに1時間の休憩を与える。
・6か月以上の成犬猫の販売時間(展示販売や休息時間等の具体的数値規制の検討)は1日合計6時間、3時間ごとに1時間の休憩を与える。
・生体を展示する時間は一日合計8時間未満とする。

★移動販売:
生体の移動販売は禁止する。

★対面販売・対面説明・現物確認の義務化:
インターネット等を通じた生体の売買は禁止する。
販売時は対面説明と現物確認することを義務とする。

★犬猫オークション市場(せり市):
3年程度の猶予期間ののち犬猫せり市の開催を全面的に禁止する。
ただし廃止までの暫定措置としてせり市を動物取扱業とし法規制のもと監視することには賛成する。

★犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢:
生後8週齢以下の犬猫を母親、兄弟から引き離すことを禁止する。

★犬猫の繁殖制限措置:
生後1年未満の雌犬猫を交配、雌犬猫に年2回以上かつ生涯で6回以上の分娩を禁止する。

★飼養施設の適正化:
動物の健康に配慮した飼養ケージ、飼養場所などについて明確な数値基準を決め法規制する。
動物の頭数あたりの作業員の人数は10頭当たり1名とする。(作業員の労働時間を1日8時間として)
湿度、温度、臭気、明るさなどについても明確に判断できる数値基準を設けて法規制する。

★動物取扱業者の業種追加の検討:
1、動物の死体火葬、埋葬業者には一般的な動物取扱業とは別の規制を設ける。
2、両生類、魚類販売業者:動物取扱業に含める。
3、老犬・老猫ホーム:動物取扱業に含める。
4、動物の愛護を目的とする団体:一般的な動物取扱業とは別の規制を設ける。
動物の取り扱い基準については動物取扱業とするが、緊急時レスキュー等の非常時については除外項目を設ける。
5、教育・公益目的の団体:一般的な動物取扱業とは別の規制を設ける。
動物の取り扱い基準については動物取扱業とするが、緊急時レスキュー等の非常時については除外項目を設ける。

★関連法令違反時の扱い登録拒否等の再検討:
法律に違反した場合の登録取消運用強化に賛成 

★販売時の説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等の説明義務項の緩和の検討:
反対する。
野生の鳥類などの原産国・国内繁殖の別など厳格な明記の義務化を求める。

★許可制の検討:
許可制の強化に賛成する。

★虐待の数値基準や適正飼育の数値基準があいまいな事から地方行政の現場での判断が行われない。そのため法や条例の適用がされず、結果として動物を虐待飼育や虐待死から救えていないのが現状であり数値化は不可欠である。


上記内容に同意できるのであれば簡単に意見の送信ができます。
アクセスが集中したためフォームを3つに分けたそうですが、内容はどれも同じです。
つながりやすいところへどうぞ。

A.「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可

B.「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可

C.「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可


公益財団法人どうぶつ基金


5年に一度しか改定されることのない法律に、自分の意見を活かせるチャンスです。
上記内容に同意できない場合でも環境省HPより是非意見の送信をお願いします。

環境省HP
関連記事
スポンサーサイト

*ブログ内で使用している写真の著作権は放棄していません。無断使用は固くお断りいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。